高校を辞めたいと感じたらどうすべきか

頑張って勉強して高校に入学したもののしばらく経つと高校を辞めたいと感じるようになってしまう人というのも実は少なくはなかったりします。人間関係や勉強に関する事柄というのは同じ人でも環境が違うだけで全く結果が違ってくることが多々ありますから自分に合わない学校にいる場合には逃げ出したくなってしまうのも無理はないかもしれません。

しかし、何の考えもなくただ中退してしまうとその後の人生に大きな影響を及ぼしてしまうことになりますから今後についてしっかりと考えた上で決断を下すことがとても重要になってきます。そこで、今回はそんな高校を辞めたいと感じている人が後悔しない人生を送れるようにするために今後どうしていくべきかについて考えていきたいと思います。

人間関係の悩み

高校を辞めたいと感じるようになってしまう人というのは人間関係が原因になってしまっているケースと言うのが非常に多く、これは自分の努力だけではなかなか解決することができない問題になってきます。やはり、人間関係というのは相性の問題になりますから運が悪ければ最悪の学校生活になってしまうことも珍しくはありません。

例えば、自分が何もしていないのにクラスメイトから悪口を言われたりいじめられてしまうというようなケースは全く珍しくはないためこういった状況になってしまっている場合には精神的に苦しくなってしまうのは当然になってきます。どういった人と一緒のクラスになるのかは運の問題ですからこればかりはどうすることもできない問題になるわけです。

もちろん、一年経てばクラス替えがあって人間関係がリセットされるチャンスもあるのですが、それまでの間はずっと我慢し続ける毎日が続いてしまうことになってきます。周囲の人からは理解されず我慢しろと言われることが多いのですが我慢にも限度がありますから耐えられなくなってしまうと不登校になってしまう人というのも珍しくはありません。

勉強の悩み

人間関係が原因で高校を辞めたいと思うようになってしまう人もとても多くなってはいるのですが、中には勉強のことが原因で苦しくなってしまっている人というのも珍しくはなかったりします。特に進学校であれば授業のペースが速いためスタートで失敗してしまい勉強についていけなくなってしまう人というのも決して少なくはありません。

基本的にどんなに中学の時に成績が良かったとしても最初に出遅れてしまうとあっという間に成績が落ちてしまうことになりますから人によっては赤点を連発してしまうことも珍しくはなかったりします。一度こうなってしまうとリカバリーするのは非常に困難になってしまいますから何もかもが嫌になってしまうというのも無理はないと言えるのです。

もちろん、進学校でなくとも勉強についていけなくなってしまう人は少なくないためそういった場合にも中退を考えるようになる人が出てくることになってきます。留年してしまうと後輩と一緒のクラスで再び1年間をやり直すことになってしまいますからそうなると考えると高校を辞めたいと感じるようになってしまうのもごく当然ということになるわけです。

中卒は就職で不利

しかし、だからと言ってすぐに中退してしまうと就職先というのがかなり限られてしまうことになりますから将来の選択肢を大きく狭めてしまうことになってきます。求人誌やハローワークなどで仕事を探してみればすぐに分かるのですが多くは高卒以上でないと応募することができませんから中卒だと就職の際に圧倒的に不利になってしまうのです。

例えば、給料や福利厚生の充実した企業ほど学歴を重視する傾向にありますから待遇の良い会社で働きたいという場合であれば高校を卒業しておくことはとても重要になってきます。もちろん、人物重視の企業が絶対にないとは限らないかもしれませんが自分の希望する職種かどうかはまた別の話ですから基本的には厳しいと思っておかなければなりません。

もちろん、漁師や土方などの学歴が重視されない仕事に就きたいと考えている人であれば中卒でも問題はないのですが、そうでない仕事をしたい場合にははやり学歴がとても重要になってきます。高校を辞めたいという時には就職のことも踏まえた上で決断することが重要になりますから安易に中退という選択肢は取るべきではないということになるわけです。

通信制高校という選択肢

とはいえ、実際問題として毎日が苦しくて苦しくてもう我慢できそうにないという人も中にはいるかもしれません。ちょっと我慢すれば済む問題であれば我慢をした方が良いのですが、本気で高校を辞めたいと思うようになる程の状況であれば不登校になってしまうのも時間の問題ですから我慢というのは現実的な解決策ではなくなることになってきます。

ではどうすれば良いのかということになるのですが、もしどうしても高校を辞めたいと感じてしまっている場合には通信制高校へ行くという選択肢を考えることがとても重要になってきます。通信制高校であれば人間関係の悩みを解決することができますし、勉強面に関しても難易度が下がる傾向にあるため問題なく卒業することが可能になってくるわけです。

通信制高校というのは不登校経験者だったり勉強が苦手な人が多いためそういった人でもきちんと卒業できるよう配慮されているカリキュラムになっています。ですが、それでもきちんと高校卒業の資格を得ることができますし、中には国立大学に進学する人もいたりしますから人生をやり直したいという場合には通信制高校という選択肢が非常に有効になるわけです。

最後に

高校生活と言うのは人間関係や勉強の面で上手くいかないことが出てくると精神的に苦しい毎日になってしまうことも多いため高校を辞めたいと感じるようになる人が出てくるのも決して特別なことではなかったりします。しかし、安易な中退は将来の選択肢を大きく狭めることになってしまうため決して簡単に行ってよいというものではありません。

特に通信制高校に行けば解決するというような問題であればそれで済むという人はとても多くなっていますから今の高校に固執する必要というのは全くないことになってきます。現在通っている高校を辞めたいと感じた時には中退ではなく通信制高校という選択肢もありますからそういった方法というのも一度検討してみることがとても大切になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする