NTT東日本のフレッツ光の料金が高いと感じる場合の対処法

NTT東日本のフレッツ光を利用している、もしくはこれから利用したいと考えているのだけどちょっと料金が高いと感じているという人もとても多いのではないかと思います。確かにNTT東日本のフレッツ光というのは利用者も多く優良な光回線であるのは間違いないのですが他社のサービスに比べると料金が高いためもう少し何とかならないかなぁと感じてしまうのは当然ですよね。特にトータルで毎月6500円以上請求されていると言う人であれば尚更もっと節約できないかと感じてしまうのは無理もないかもしれません。

一般的にNTT東日本のフレッツ光を利用する場合というのは割引などを考慮しない場合には一戸建て向けのプランだと基本料金が5400円(税抜)、マンション向けのプランの場合だとミニプランで月額3850円(税抜)ということになりますからこの金額になっている場合には料金が高いと感じるのはごく当然ということになってきます。フレッツ光というのはこの金額の他に別途プロバイダの費用も加算されることになりますから合計すると一戸建てで月額5900円(税抜)、マンションであれば月額4350円(税抜)はかかることになるわけです。

また、実際には多くの人がこの金額で収まるわけではなく別途オプションなどにも加入している場合には更に月々の金額は上がることになってきます。例えば、初めて申し込む時にはリモートサポートなどのオプションを追加する人が多いのですが、こういったオプションがいくつか付いていると簡単に月額1000円以上加算されることになりますからそのせいで合計金額が上がってしまうことになるわけです。そのため、全く利用していない様な不要なオプションがある場合にはそれらをなるべく早めに解約するようにしなければなりません。

NTT東日本のフレッツ光の料金が高いと感じる場合というのは必要のないオプションがいくつか付いているケースが非常に多く、このオプションをそのままにしていると人によっては月額7000円台や8000円台になってしまうケースというのも出てくることになってきます。インターネットの契約をするのが初めての場合というのは良く分からずにオプションを追加してしまう人が多いのですが、それらがなくてもインターネット自体は問題なく利用できますから不要なオプションについてはなるべく解約することが大切になるわけです。

プロバイダの乗り換えを行う

NTT東日本のフレッツ光の料金が高いと感じる場合にはまず不要なオプションが付いていないか確認することが大切になってくるのですが、不要なオプションを全て解約してもまだ割高に感じてしまう場合にはプロバイダの乗り換えを行うことで合計の支払い金額を下げることもできるようになっています。プロバイダの費用というのは全て同じではなくどのプロバイダを利用するのかで差が出てくることになりますから単純に安いプロバイダに変更すればその分だけトータルの支払金額を安くすることができるようになるわけです。

例えば、NTT東日本のフレッツ光に申し込む際にプロバイダをOCNにした場合には光回線の使用料に加えて一戸建てなら月額1100円(税抜)、集合住宅なら月額900円(税抜)のプロバイダ費用が請求されることになるわけですが、これを格安プロバイダのBB.exciteに変更すると月額500円(税抜)で利用することができるようになってきます。月々の料金が高いという場合にはこの様により安いプロバイダに乗り換えることで簡単に合計金額を下げることができるようになっていますから無駄をなくしたい場合にはプロバイダを変えるというのも一つの有効な手段になってくるわけです。

ちなみに、プロバイダの乗り換えを行う際には新たに利用したいプロバイダに申し込みをしてそのプロバイダでインターネットに接続できるようになったのを確認してから今までのプロバイダを解約するようにすることがポイントになってきます。今までのプロバイダを解約した後に新たなプロバイダの申し込みをしてしまうと新しいプロバイダでインターネットに接続できるようになるまでにタイムラグが出てしまい、その間はインターネットが利用できなくなってしまいますから必ず後から解約することが大切になるわけです。

NTT東日本のフレッツ光の料金が高いと感じたらまずは不要なオプションが付いていないか確認することが大切なのですが、更に節約を行いたい場合にはプロバイダの乗り換えを行うことによってより低料金で利用することができるようになってきます。プロバイダには様々なものがあるのですが中でもBB.exciteというのは業界最安水準のプロバイダとして節約重視のユーザーから人気を集めていますからより安く利用していきたいという場合にはBB.exciteに乗り換えるというのも一つの有効な選択肢になってくるわけです。

光コラボへの転用

NTT東日本のフレッツ光の料金が高いという場合には不要なオプションを解約したりより安いプロバイダに乗り換えることで節約を行うことができるようになっているのですが、それでももう少しなんとかならないかと感じてしまう人も中にはいるかもしれません。確かにこれらの手段を用いれば多少は安く利用できるようになるのですが、そもそもフレッツ光というのは日本全国で利用できたりプロバイダの乗り換えができるというメリットがある代わりに基本料金が高めの設定になっているため低料金で利用するというのはそもそも難しくなっているわけです。

そのため、現在ではフレッツ光からより低料金で利用できる光コラボというサービスに転用する人が増えており、そうすることによって更に月額で1000円以上安くするということもできるようになっていますから節約を考えるのであれば光コラボへの転用というのが最も有効な手段ということになってきます。光コラボというのはフレッツ光と全く同じ光回線を使用したサービスでプロバイダが固定される代わりに安くなるサービスですから全く別物の光回線になるわけではなく安心して利用することができるようになっているわけです。

例えば、フレッツ光+格安プロバイダのBB.exciteという形で利用する場合には全くオプションが付いていなくても一戸建てだと月額5900円(税抜)、マンションだと月額4350円(税抜)はかかることになり、業界最安級の格安プロバイダを選んだとしてもこのくらいの金額は必要ということになってきます。しかし、フレッツ光から光コラボのエキサイト光に転用すれば全く同じ回線とプロバイダを使用するにもかかわらず一戸建ての場合が月額4360円(税抜)、マンションの場合が月額3360円(税抜)と大幅に節約することができるようになるわけです。

ちなみに、光コラボへ転用する際というのは契約中の光回線をそのまま使用することになり、工事不要で利用することができるようになっていますから工事費の心配というのはないことになってきます。なお、これから新規にインターネットの申し込みをする場合には残念ながら工事費が発生することにはなるのですが、月々に支払う基本料金に関しては大幅に抑えることができるようになってきますから転用・新規のいずれにしてもより低料金で光回線を利用していきたいのであれば光コラボというのが非常におすすめになるわけです。

安くて速い光コラボは?

光回線については光コラボにすることでより低料金で利用することができるようになってくるのですが、光コラボというのはプロバイダが固定されてしまうことになるため契約先を良く考えずに決めてしまうと通信の面で不満が出てしまうことも出てくることになってきます。インターネットというのは全く同じ光回線を使っていてもプロバイダが違えば通信速度というのは異なることになってきますから単に安いからという理由だけで決めてしまうと思ったほどの通信速度が出ずにストレスを感じるようになってしまうことも出てくることになるわけです。

例えば、光コラボの中でもエキサイト光というのは業界最安水準の基本料金になっているため単純に安さを求めるのであれば非常におすすめになってくるのですが、エキサイト光にすると通信速度が大幅に落ちてしまうケースもあるためそれを理解していないと不満を感じる人も出てくることになってきます。大前提として安いサービスというのはその分だけ質が落ちてしまいがちになるというのはごく当たり前のことですから大幅に節約できる代わりに通信速度に関しては期待しすぎないようにするということがとても大切になるわけです。

もっとも、光回線を利用するからには動画やオンラインゲームなどを快適に楽しめるようにしたいという人が殆どになってくるでしょうからそういった場合には単純に安いというだけでなく通信速度に関しても良好な光コラボを選ぶようにすることがとても重要になってきます。例えば、安さに関してはエキサイト光というのが特に優れているのですが、快適さも求めるという場合にはエキサイト光よりも少しだけ高めのDTI光の方が優秀な実績を出しているため安さと速さの両方を求めるのであればDTI光の方が適していることになるわけです。

ちなみに、DTI光の基本料金はエキサイト光より少し高いと言っても一戸建てプランで月額4800円(税抜)、マンションプランで月額3600円(税抜)となっており、光コラボの中でもトップクラスの低料金になっていますから節約と言う意味でも十分優れたサービスということになってきます。また、RBB SPEED AWARDの光コラボ部門で優秀賞の実績があり、通信速度に関しても数ある光コラボの中でトップクラスになっていますから安くて速い光コラボを利用したいという場合にはDTI光というのが特におすすめになるわけです。

追記:更にお得なインターネット回線

NTT東日本のフレッツ光の料金が高いという場合には光コラボのDTI光というサービスに転用することによってより安く快適なインターネット環境を手に入れることができるようになるのですが、現在では光コラボへの転用ではなくより通信速度の速いNTT東日本の光ファイバー回線(ダークファイバー)を使ったNURO光というのがおすすめになっています。NURO光というのは一般的な光回線の2倍もの通信速度が出る上に、低料金設定になっているためとてもお得にインターネットを利用することができるようになるわけです。

一般的に光回線を利用する際には安めのサービスだと一戸建てで月額5000円(税抜)前後、マンションで月額4000円(税抜)前後ということになってくるのですが、NURO光というのは3階建て以上のアパート・マンションなら建物によっては月額1900円(税抜)というのが可能になってくるため物凄くお得な料金で利用することができるようになっています。また、一戸建てや2階建て以下のアパート・マンションの場合でも月額4743円(税抜)と低料金になっていているためより安く利用できるようにしたいのであればNURO光が特におすすめになるわけです。

それから通信速度に関しても上り最大1Gbps、下り最大2Gbpsと全ての光コラボを超える水準になっていて、実際に出る通信速度についてもRBB SPEED AWARDの回線事業者部門において関東の最優秀賞に輝いていますから通信速度においても文句なしの回線サービスになっています。プロバイダについても通信の安定性に定評のあるSo-netを利用しており、NURO光の基本料金には最初からプロバイダ・セキュリティ・高速無線LANの費用がコミコミになっていますから安心して利用することができるようになっているわけです。

インターネットは品質の高いNTT東日本の回線を利用したいという人がとても多くなっているのですが、現在では安い上に光コラボよりもハイスペックなNURO光というサービスが人気を集めていますから回線の見直しや新規の申し込みを考えている場合にはNURO光というのが非常におすすめになってきます。特に3階建て以上のアパート・マンションに住んでいて現在契約しているサービスの料金が高いという場合には大幅な節約が可能になってきますからそういった人であればより一層NURO光にするのがおすすめになってくるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする