29歳職歴なしから就職して正社員になるには?

今現在29歳という人の中にはこれまでに一度も正社員として働いた経験がないという人も少なからずいたりします。なぜそうなってしまったのかという理由については人によって様々なのですが多くの場合には夢を追っていたりやりたいことが見つからずにフリーターをしていたという人が殆どになっているようです。

ただ、さすがに30歳が目の前に迫ってくるとこのままではマズイかもしれないと焦るようになってくる人もとても多くなってくると思います。そこで、今回はそんな29歳で職歴なしのフリーターだという人がきちんと就職して正社員になれるようにするための上手な就職活動のやり方についてご紹介していきたいと思います。

29歳という年齢について

20代でフリーターをしている人というのは決して珍しくはないのですがやはり29歳という年齢になってくるとさすがに将来について現実的に考えることが求められることになってきます。基本的に30歳になってしまうと応募できる求人というのは大幅に減少してしまうことになるため20代の内に就職するということは物凄く大切です。

一般的に多くの企業というのは20代までの人を若者として扱うことになりますから若者として扱われている段階であれば仕事というのはまだまだ選べる状態になってきます。ですが、30代に入ってしまえば不本意な仕事しか残っていないというケースも多くなってしまうため非常に厳しい現実と向き合わなければなりません。

本人からすると29歳と30歳では1歳しか違わないじゃないかと思うかもしれませんが企業側からすれば今後の従業員のキャリア形成を考えると30歳を基準にして区切りを行うというのはごく当然のことになってきます。そのため、29歳と30歳の違いというのはとても大きく今後の人生を決める上でとても重要な分岐点になってくることになるわけです。

職歴なしは就職に不利

29歳という年齢だとしても就職できる可能性は十分にあるのでその部分についてはそれほど不安に思う必要はありません。もちろん、20代前半の人に比べれば応募できる求人は多少減ってはくるのですが基本的に20代であればOKという企業というのは世の中にたくさんあるので深刻になる必要というのはありません。

ただし、これまでに一度も就職した経験がないとなると企業側も不安に感じてしまうため職歴なしの場合にはどうしても不利になってしまいがちなのは避けることができないことになってきます。やはり、29歳まで職歴なしというのはあまり一般的ではありませんから何か問題があるのではと考えられてしまうのも無理はないと言えるでしょう。

採用する側の立場からすれば29歳の人が2人応募してきた場合に長く正社員経験がある人と職歴が全くない人とでは前者の方が印象は良くなる傾向にあるのは当然になってきます。職歴なしの場合にはやる気のない人という印象を与えてしまいがちですからそこはどうしてもデメリットになってしまいやすいことになるわけです。

歓迎してくれる企業はある

しかし、29歳で職歴なしという条件だとしても応募可能な求人というのはあり、きちんと就職して正社員になっていく人もいますから諦める必要はありません。29歳で業種未経験の人でもやる気さえあれば歓迎してくれる企業というのはありますから勝手に無理だと決め込まないということはとても重要になってきます。

もちろん、たくさんの社員を抱えている大企業のように新卒しか採用しない会社に採用されることは難しいかもしれませんが経験はなくてもやる気のある若手を必要としている中小企業であれば十分に採用される可能性は出てくることになってきます。そのため、職歴がないという人はそういった未経験者歓迎の求人を意識して探していくことが大切です。

基本的に求人に応募してもなかなか採用されないという場合には職歴がないことで印象を悪くしてしまっていることが多いためそういった部分に関してある程度寛容な企業を選ぶということはとても重要になってきます。29歳という年齢であれば尚更ですから必ず職歴なしでも問題ないのかは予め確認してから応募するようにして下さい。

就職支援を活用する

就職活動を行う際には自分一人で全てを行おうとしてしまう人も多いのですが上手に就活を進めていくためには就職支援を活用していくことがポイントになってきます。就職支援では様々なサポートを受けながら一つ一つのステップを進めていくことになりますから就職活動自体が初めてだという人でも安心して就活を進めていくことが可能です。

例えば、履歴書の作成というのは自分一人で行おうとすると上手にできないという人も多いのですが就職支援でアドバイスを貰いながら対策を行っていけばより好印象の内容にしていくことができるようになってきます。また、面接対策なども行ってもらうことができるため心配な部分については予め助言を受けながら準備を進めていくことが大切です。

それから、就職支援では求人の案内も行っているため様々な企業の中からより自分の希望に合った企業を紹介して貰うことができるようになっています。特に29歳で職歴なしという人はその条件でも歓迎してくれる企業を探すことが重要になってきますから就職支援を利用して未経験OKの求人に絞り込んで紹介してもらうことがとても重要になってきます。

最後に

29歳で職歴なしというともう就職することはできないという風に思っている人も世間には多いのですが実際にはきちんと正社員になっていく人もいますからあまりにも不安に思う必要はありません。世の中にはとてもたくさんの企業が存在しますから仕事が全くないのではないかと心配することはないわけです。

ただし、29歳職歴なしという条件はどうしてもデメリットになってしまいがちですから自分一人で就職活動を進めても上手くいかないことが増えてしまうことになってきます。そのため、より自分の希望に合った仕事に就けるようにするためにも就職支援でしっかりとサポートを受けながら上手に就活を行っていくようにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする