転職の仕方

今現在勤めている会社を辞めて別の会社に移りたい・・・そう密かに思っているサラリーマンというのは実はとても多いものです。会社の将来性や人間関係、収入面、仕事内容など転職を考える理由は人によって様々ですがいずれにしても現状に満足できない状態であれば環境を変えたいという風に感じるのはごく当然のことかもしれませんね。

もっとも、これまでに一度も仕事を変えたことがないという人であればどのようにして転職すれば良いのか分からないという人もとても多いのではないかと思います。そこで、今回はそんな転職の仕方が分からないという人のために一般的に多くの人が行っている王道の転職の仕方についてご紹介していきたいと思います。

転職支援サービスに登録する

転職活動のはじめの一歩というのはまず転職支援サービスに登録するということから始まります。転職支援サービスには業界大手から中小まで様々なものがありどのサービスを利用しても問題なく転職することは可能なのですが初めてであればリクルートエージェントやDODAなどの知名度が高く利用者の多いサービスを利用するようにしていきましょう。

これらの転職支援サービスというのは取扱い求人数が非常に多く様々な企業の中から希望の条件に合った転職先を選ぶことができるためより自分に合った企業を見つけ出すことができるようになってきます。やはり、選択肢が少ないと思ったような求人が見つからないということにもなりかねませんから選択肢が多いということはとても重要なポイントです。

また、転職支援サービスに登録すると提出書類の作成指導や面接対策、転職活動のスケジューリングなど様々なサポートを受けることができるようになってきます。特に働きながら転職活動を行う場合というのは全てを一人で行うのはとても大変ですから必ずサポートを活用しながら効率的に転職活動を進めていくことがとても重要になってきます。

担当者との面談

転職支援サービスに登録したら次は転職支援サービスの担当者と面談を行うことになってきます。面談では今現在どういったことに悩んでいるのかということや今後のキャリアプランなどについて担当者と相談をしながら転職先を決めていくことになりますからまずは現在抱えている悩みを率直に打ち明けてみることから始めるようにしていきましょう。

一般的に転職するとなるととにかく早く別の会社に移りたいと思ってしまう人も多いのですがその前にきちんと自己分析をして今後の方向性を決めていくということは物凄く重要なポイントになってきます。やはり、この部分が曖昧な状態のまま転職してしまうとまたすぐにもっと別の会社にすれば良かったと後悔してしまうことになりがちだからです。

やはり、転職というのは何らかの不満があることによって行いたいと思うわけですからその理由をきちんと言語化して自己分析を行っておかなければ表面的な条件に流されてしまうことにも繋がってしまいます。そのため、自分にとって最も重要な要素とは何なのかということを面談できちんと把握しておくことはとても重要なポイントになってくるわけです。

書類作成・面接対策・応募

転職支援サービスの担当者との面談が終わったら今度は履歴書や職務経歴書の作成、面接対策、希望する求人への応募などを行うことになってきます。特に履歴書や職務経歴書の作成に関しては自分一人だとなかなか上手く自己アピールができないという人も多いのでしっかりとサポートを受けながら作成するようにしていきましょう。

やはり、転職というのは書類選考の時点でどういった人物なのかという印象が決まることになりますからこの部分を自己流で行ってしまうとなかなか面接に進めないということもとても多くなってきてしまいます。ですが、サポートを受けながら作成すれば万全の状態で書類選考に臨むことができるようになりますから不安に思う必要はありません。

また、面接に関しても予め対策を行ってもらうことでより自信を持って本番を迎えることができるようになってきます。一度求人へ応募したらもう後戻りはできなくなってしまいますから事前にしっかりとできる限りの対策を行うようにしてより好印象を与えられるよう意識していくようにしていきましょう。

転職の注意点

転職というのは今の環境から抜け出して新たな環境で再スタートするための手段にはなってくるのですがその際には一つだけ覚えておいてほしいことが出てくることになってきます。それは何かというと転職というのは成功すればこれまでの人生を根本からやり直せる!というような一発逆転の手段ではないということです。

一般的に転職する際には新しい環境に移りさえすればすべて満足のいく結果になると思っている人も多いのですが実際には一つ要素が良くなる代わりに別の要素を我慢しなければならなくなることも出てくることになってきます。例えば、高収入を希望するのであれば残業が増えるといったケースが出てくることになることは予め理解しておくべきだと言えるでしょう。

やはり、全てが完璧な職場などそうそうあるものではありませんから何らかの不満を解消する代わりにこれまで満足していた要素が少し減ることになってしまうのは仕方のないことになってきます。そのため、自分にとって我慢できる部分とそうでない部分を把握しておくということは転職をする上で欠かせないとても重要なポイントになってくるわけです。

最後に

定年まで我慢して同じ会社で働き続けるべきだと考える人も多いのですが人にはそれぞれ適している環境というものがありますから自分に合わない環境に居続けても不満の多い毎日になってしまいます。そのため、あまりにも満足度が低い職場にいる場合には転職して環境を変えるということを考えてみることも時にはとても大切です。

ただし、表面的な条件だけを見て転職先を決めてしまうとむしろ以前の職場の方が良かったと後悔することになることもあったりします。転職する際には自分が何を我慢できて何を我慢できないのかを明確にしておくことがとても重要になってきますから必ず事前に自己分析を行って自分にとって重要な要素が何なのかを把握しておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする