ダイエットでリバウンドしないようにするには?

ダイエットをしてようやく自分の目標体重にまで減量することができたという人は世の中にたくさんいるのですが、実はその中のほとんどの人が再び元の状態にまで戻ってしまったという経験をしてしまっているものです。普通に考えるとどうしてせっかく痩せることができたのにまた太ってしまうのかと思ってしまうわけですがこれはやはり「無理をして毎日を過ごしてしまっている」という所に大きな原因があるわけです。

特にこれまで毎日のように自分の好きな物ばかりたくさん食べていたという人が急に食事を抜くというようなことをしてしまうとどうしてもそのことがストレスになってしまいますのでその反動が出てしまうのも無理はありません。しかし・・・必ずまた太ってしまうとなるとダイエットをする意味が全くありませんよね?そこで、今回はそんなダイエット後にリバウンドしないようにするための重要なポイントについてご紹介していきたいと思います。これから行うダイエットで絶対にリバウンドしたくないという人はぜひ参考にして下さい。

食事を抜かない

ダイエットでリバウンドしがちな人がよくやってしまうのが食事を抜いてしまうということです。食事を抜けばそれだけ摂取カロリーを制限することができるわけですから最も効果があると思われがちなのですが、実際には逆効果になってしまうことが少なくはありません。確かに短期的に見れば食事を抜いたほうが体重は減るということはあるのですがそれはあくまでも短期的でしばらくするとその反動が出てきてしまうことになってきます。

特にこれまで1日に3食以上食べていた人が1日1食にしたり丸1日何も食べないというようなことをしてしまうとその傾向はより顕著になってきてしまうでしょう。食事を抜いてしまうと摂取カロリーは低くなるのですが、その分だけ必要な栄養素も不足してしまうことになってしまいます。体に必要な栄養素が不足すればそれを補おうとより食欲が出てきてしまいますのでそれがリバウンドに繋がってしまうことになるわけです。

適度な運動を継続する

ダイエット後のリバウンドを防ぐためにはやはり適度な運動の継続というのがとても重要になってきます。基本的にダイエットが成功するとそれを維持しようと思う人も多いのですが中にはどうしても油断してしまい全く運動をしなくなってしまうという人も少なくはありません。しかし、運動を全くしなくなってしまうとそれだけ消費されるカロリーの量が減ってしまうことになりますので体重が元に戻りやすくなってしまうことになってきます。

基本的には何もしなくても基礎代謝がある事によって一定量はカロリーが消費されるのですがやはりそれには限界がありますので体を動かすことによるカロリー消費というのは必ず意識していくことが大切です。決して無理をする必要はありませんがリバウンドしないためには最低限基礎代謝で消費できない分をカバーするだけの適度な運動の継続が不可欠だということを覚えておくようにして下さい。

間食に気をつける

ダイエット後にリバウンドしないようにするためには間食に気をつけるということも重要な要素です。1日3度の食事をしっかりと考えたものにしていたとしてもお菓子などの間食がある場合にはそれらの効果はほとんど無意味になってしまうため十分に気をつけるようにしなければなりません。

特に自分の目標体重まで減量することができた人の中には目標を達成した自分へのご褒美として1日だけならとおやつを大量に食べてしまう人がいるのですが、こういったことをしてしまうとあっという間に元の体重にまで戻ってしまうことになってきます。間食の内容というのは高カロリーであることが多く、こういった間食の分を消費するためには何日ものダイエットを再び行わなければなりません。せっかく目標体重を達成できたのであればリバウンドを防ぐためにも間食をしない生活習慣を身につけるということが大切です。

最後に

ダイエット後にリバウンドしないようにするためには痩せた後もダイエット中と同じ生活を続けられるかということを考えることが重要になってきます。基本的にはダイエットをしている最中の生活がそれほど苦にならないようなものであれば目標の体重を達成することができてからもリバウンドすることなく毎日を過ごすことができるようになってくるでしょう。

逆に無理をして短期間で痩せようと我慢してきた人はダイエットに成功したとしてもその後再び元の状態に戻ってしまうケースが少なくはありません。場合によってはむしろダイエットを始める前よりも太ってしまうというようなこともあったりしますのでリバウンドを防ぐためには食事・運動面共に無理なく継続できる内容で行うということがとても重要になるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする