中年太り解消ダイエット

10代や20代の頃というのは普通に生活しているだけでもスリムな体型を維持できていたという人は多いものです。やはり、この年代というのは意識をしていなくても生活の中で体を動かすことが多いためそれほど体重が増えてしまったことがなかったという人が殆どだったのではないでしょうか。しかし、中年と呼ばれる年代に入ってくると体を動かす機会も減ってくるため気づいたらお腹が出てしまっていたという人が段々と多くなってくるものです。

やはり、主婦として一日中家にいたり、男性であれば仕事での役職が上がって管理職になる人が多いためなかなかカロリーが消費されない生活になってしまうのも無理はないのかもしれません。もっとも、中年になってから太ってしまうと好ましくない様々な弊害も出てきてしまうものです。そこで、今回はそんな中年太りに悩んでいるという人のために中年太りを解消するためのダイエットについてご紹介していきたいと思います。

中年太りの原因

中年太りの原因については主に体を動かさずに時間を過ごしてしまうことによる運動不足が挙げられることになってきます。やはり、40代になってくると生活も落ち着いたものになるケースが多いため自宅でソファーに座ったらそこから全く動かないという人も珍しくありません。また、会社員として外で働いているという場合では管理職等でずっと椅子に座っているという人も多く、営業で外回りをするということがないという人であればまずお腹に脂肪がついてしまうことになってしまうでしょう。

基本的にこの年代というのは意識的に運動をしない限り太ってしまうことになりがちなため運動不足については強く意識していくことが重要になってきます。また、食事面についても油物が中心になってしまっているという人が多くなっているためこの点についても中年太りの原因の一つになってくることになってきます。

中年太りの弊害

中年太りをしてしまうと服がキツくなってしまうばかりでなく他にも様々な弊害が出てきてしまうことになってしまいます。例えば太り過ぎてしまったことで膝が痛くなってしまうという事例はその典型ということができるでしょう。基本的に太り過ぎてしまうと歩く際にその体重分が膝の上にのしかかってしまうことになりますのでその負荷が大きくなり過ぎると自分では特別なことをしているわけではないのに膝が痛くなってしまうというケースが珍しくはありません。

また、中年太りをそのままにしてしまうと高血糖状態が続いてしまうことにもなりやすく、場合によっては糖尿病と診断されてしまうことも出てきてしまうことになってきてしまいます。糖尿病になってしまうと危険な合併症を引き起こしてしまうことが少なくはなく、状況によっては身体に重大な障害を与えてしまうことにもなりかねません。他にも中年太りは脂肪肝や肝硬変の原因にもなってしまうなど様々な弊害を引き起こす危険性を高めてしまうことにもなってしまいます。こういった弊害を生じさせないためにも早めの内にダイエットを行って体脂肪を減らすようにしていくことが大切です。

中円太りを解消するには

中年太りを解消するにはまず意識的に体を動かす時間を設けることが必要になってきます。特に一日を通してほとんど汗をかくことのない生活をしているという人であれば意識的に1時間や2時間は時間を作って運動をする習慣をつけなければなりません。基本的にほとんど動かない場合でも基礎代謝によってカロリーは消費されることにはなるのですがそれだけでは摂取したカロリーを全て消費することは難しいため体に蓄積された分の脂肪を落とすためには相応の運動が別途必要になってくることになってきます。

ただし、自分の意思だけで運動を始めようとしてもすぐに続かなくなってしまうことが多いためトレーナーにアドバイスを受けられるジムなどを利用して計画的に体を動かすための時間を作っていくことが大切です。

最後に

10代・20代の頃はどんなに食べても太らなかったという人でも中年になると食べた分がそのまま脂肪として体についてしまうというような状態になってしまう人はとても多いものです。やはり、この年代になってくると体を動かす機会が減ってしまうため余程日頃から気をつけている人でなければ太ってしまうのも無理はないと言えるのかもしれません。もっとも、だからといって中年太りをそのままにしておいてしまうと膝を痛めたり糖尿病になってしまう可能性を大きく高めてしまうことにも繋がってしまいます。そのため、体に余分な脂肪が増えてしまったなぁと感じるようになってきた人はすぐにでも中年太りを解消するためのダイエットを始めることが大切です。

なお、ダイエット食などを活用して独力で行うというやり方でも良いのですが自分の意思だけでは続かないという人はジムを活用するようにするとより続けやすくなってきます。特にこれまでにダイエットに失敗したことがあるという人であればトレーナーと一緒に進めていくと良い結果に繋がりやすくなってくるのでおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする