本をまとめて売るなら宅配買取を活用すべし

家に読み終わった本が何十冊とあってそろそろ処分したいと考えているのだけど自分で古本屋まで持っていくのって面倒だなぁと感じてしまう人はとても多いものです。確かに不要になった本というのは古本屋に持っていけば売却することができるのですが、大量にある場合には持っていくのが大変なため億劫になってしまうのも無理はないかもしれません。

もっとも、最近では宅配便を使って一度に大量の本をまとめて処分することのできる宅配買取サービスというのがあるためこのサービスを利用すればとても簡単に部屋をスッキリさせることができるようになっています。そこで、今回はそんな自宅にいながらにして本をまとめて売ることのできる人気の宅配買取サービスについてご紹介していきたいと思います。

宅配買取を利用する前に

本をまとめて売るとなった場合には店舗に直接出向くのではなく宅配買取を利用すれば自宅にまで集荷しに来てもらうことができるのですが、その際にはまず不要な書籍などを送るためのダンボールを用意することが必要になってきます。宅配買取では30冊ほどまとまった数を一度に送ることになるためダンボールというのが必要不可欠になるわけです。

ちなみに、このダンボールについてはホームセンターなどで購入することもできるのですが、近所のスーパーなどに行けば無料でダンボールが貰えるケースというのも珍しくはなかったりします。やはり、スーパーではほぼ毎日大量の使用済みダンボールが出ることになりますから残っている物があればお願いして持ち帰ることも可能になっているわけです。

ただし、これについては必ず貰えるというわけではなく既に誰か持っていってしまっているケースもあるため確実に手に入るわけではないということには少し注意が必要になってきます。例えば、引越しシーズンなどではダンボールが必要になる人がとても多いためそういった場合には1つも残っていないというケースも全く珍しくはありません。

ダンボールをくれる買取業者

となると自分でホームセンターなどで購入するしかないのかと思ってしまう人もいるかもしれませんが買取業者によってはダンボールを用意してくれる所もあったりするためそういった業者を利用すれば全く問題はなかったりします。宅配買取においてダンボールというのは必要不可欠ですから親切な業者であれば当然配慮してくれることになってきます。

もっとも、全ての業者が無料でダンボールを用意してくれるというわけではなく中には有料になっている所もあったりしますからそこはしっかりと確認しておくことがポイントになってきます。もちろん、1箱当たり数百円程度ではあるのですが売る本の数が多ければそれなりの金額になってしまいますからなるべく無料の所を選ぶようにしていきましょう。

なお、送料に関しては1度に30冊ほどの本をまとめて売る場合には無料になる業者が大半になっていますからなるべくまとまった数の本を一度に送るようにした方が余計な費用が掛からないことになってきます。売却金額よりも送料の方が高くなってしまっては意味がありませんからできれば30冊以上はまとめて処分することが大切になるわけです。

ガムテープも必要

宅配買取を利用する時にはダンボールが必要ということは理解している人が多いのですがその他にもガムテープが必要になってきますからガムテープも用意することが重要になってきます。ダンボールの中に本を詰め終ったらたらガムテープでしっかりと蓋を閉じることが必要になってきますからガムテープも忘れないよう準備するようにしておきましょう。

ちなみに、このガムテープについては一般的な家庭であれば既に一つくらいは家にあるという人がほとんどになってくると思うのですが、中にはないという人もいるかもしれません。そのため、そういった場合には100円ショップなどで安く購入しておきダンボールを集荷しに来てもらう時にはきちんと蓋を閉じられるようにしておくことが大切です。

なお、このガムテープについても買取業者によってはダンボールと一緒に無料で用意してくれるためそういった業者を選べば無駄な出費をなくすことができるようになっています。宅配買取を利用して本をまとめて売る時にはこういった細かな出費というのも発生しがちですからなるべく全て無料の所を利用することが大切になるわけです。

運転免許証等のコピー

宅配買取を利用する時にはダンボールとガムテープだけでなく運転免許証等のコピーを用意することが必要になる業者もあったりします。やはり、本人確認をしていない状態で売却が可能ということになってしまえば他人の物を勝手に売り払って現金を手にする人が出てくることにもなりかねませんから本人確認というのは必要不可欠になるわけです。

ちなみに、この本人確認に関してはほとんどの業者の場合にはコンビニなどで免許証のコピーを取ってそれをダンボールの中に一緒に入れておけばOKですから特に難しいことではなかったりします。本人確認というのは店舗で買取をしてもらう場合でも必要になりますから売却の際にはどのみち必ず必要だということは理解しておくようにして下さい。

※なお、業者によっては運転免許証のコピーを用意するのではなくダンボールの集荷に来た人に運転免許証を直接見せればそれで本人確認が完了という所もあったりします。本をまとめて売る時には本人確認が必要なのですが、業者によってその方法は異なるため必ずどういった方法で本人確認を行うのかを理解してから利用するようにしていきましょう。

おすすめの業者は?

宅配買取というのは様々な業者が行っているため例えばブックオフなどの有名所を利用しても良いのですが、余計な費用を一円もかけたくないのであればブックステーションという業者が特におすすめになってきます。ここはダンボール・ガムテープ・送料が全て無料になっているため全く費用をかけずに本をまとめて売ることが可能になっているからです。

一般的に宅配買取というのはダンボール・ガムテープ・送料のどこかで費用がかかってしまう業者が多いのですがブックステーションはそれがないため費用負担がないというのはとても大きなメリットになってきます。例えば、ブックオフの場合だとダンボールが1箱200円かかってしまいますからそれがないというのは非常に助かるポイントになるわけです。

それから、本人確認も運転免許証を集荷に来た人に見せるだけで済むのでコピーを取るためにコンビニに行ったりする必要というのも全くないことになってきます。他の業者の場合には費用が発生したりコピーを行わなければならないケースが多くなっていますからなるべく簡単に処分できる所が良い場合にはブックステーションが一番になるわけです。

最後に

宅配買取というのは自宅にいながら大量の本をまとめて売ることができるとても便利なサービスなのですが、その際には何かしらの出費が発生することも珍しくはなかったりします。特にダンボールや送料が有料になっている場合には合計で1000円以上の出費になってしまうこともあったりしますからなるべく無料の所を利用していくことが大切です。

また、本人確認を行う際に免許証のコピーを用意しなければならないとなると面倒な作業が増えてしまうためなるべくそういった負担のない業者を選ぶようにしていくのもポイントになってきます。業者選びを間違ってしまうと無駄な費用や作業時間が発生してしまうことになりますからなるべく無料で簡単に処分できる所を選ぶことが大切になるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする